「ほっ」と。キャンペーン

ちぐま日記 bis ~フランス・ナントより

tchiguma.exblog.jp

La Thé Box - 同僚からのプレゼント

近年フランスでは毎月自宅にサプライズボックスが届く定期便が大人気。
このボックス系サービスの草分けはもちろんMy Little Box なんでしょうね。
My Little Box とはご存知のように、
会員になると毎月化粧品やアクセサリーなどがかわいい箱に詰められて手元に届けられるシステムで
なにが入っているかは箱を開けてみてのお楽しみ!というコンセプトの定期便。
フランスでは2011年にはじまったにもかかわらず
たった5年強の歴史とはにわかに信じられないほどこんにち普及している人気のサービス。
あらゆる分野でコピー商品を生み、いまやこんなものやあんなものもボックスに!というくらい。
日本にも2013年に上陸したらしいですね。
日本には元祖サプライズ系とでもいうべき福袋を愛してきた土壌がもともとあるし、
さらには衣料品でいえばフェリシモとか、食料品でもコープとか、
定期配達システムも一般的に受け入れられていたから、
My Little Box も受けないはずなかったですよね。


b0134961_19260203.jpg

昨年末に会社を辞めた際、同僚たちにプレゼントや寄せ書きをもらいました。
フランスの会社での贈り物などの習慣についてはまたいつかの記事にゆずるとして、
プレゼントの一つだったのが、La Thé box (ラ・テ・ボックス)という
毎月いろんな種類のお茶が自宅に届くボックス。
封筒の中にこんなかわいい説明書きが入っていて、
サイトにアクセスしてギフトカードの裏に書いてあるコードと住所等入力すれば会員登録オーケー。
いただいたのは登録から6か月間ボックスが届くサービス。


b0134961_19261770.jpg

1月頭に登録して、届かないな~いつ届くのかな~と待ちわびていたところ、
先週ようやく届きました!
どうやら月末配達のシステムであるらしい。
記念すべき一つ目のボックスは、じゃーん、こんなのでした。
ギフトカードのかわいさに期待はしていたけれど、予想を裏切らず素敵な箱が届いた!
テーマはジャングル。
右側の緑の縦線にみえるものはゴムです。
ちゃんと閉まるようになっている。

b0134961_18381850.jpg

さっそく中をみてみると、お茶やハーブティーのほかにもココナツチップスとか、
オレンジの袋の後ろで写真ではみえないけど緑茶いりチョコレートケーキとか、
木製の茶さじ、茶葉をいれるお茶パックも。
茎や花ごとはいっている大きな袋は、山のお茶ともよばれるギリシアのシデリティスというハーブティーだそう。
ネットでしらべてみるとシソ科のハーブらしくて、
こういう全然知らない、お店で出会っても自分では買わなさそうなものが
入っているのがサプライズボックスの醍醐味ですね。

b0134961_18382696.jpg

小さな三角形が珍しいこんなケースには、ティーバックが一つずつ入っていました。
かわいいけど・・・ちょっと過剰包装かな・・・

b0134961_18390003.jpg

ボックスに入っているそれぞれのお茶やハーブティーの紹介をしたリーフレットや、
今月のボックスデザインとおなじ絵柄があしらわれたメモ帳もついておりました。

b0134961_18384649.jpg

b0134961_18384118.jpg

勤めていた会社には午前と午後に一回ずつコーヒータイムがあって、
もちろん強制ではないですが、来れるときにはみんな大体給湯室にやってきて
おしゃべりしながら少し休憩、というのが習わしでした。
コーヒーメーカーにコーヒーをセットした人が、そろそろ水ぜんぶ落ちたかなという頃を見計らって、
「カフェーーーーーーーー!」と叫ぶとみんなぞろぞろ各々の部屋から出てくるという。
みんなが出張やクライアント先に出払っていて人の少ないときは5,6人だったりするし、
なんだかみんな揃っている日は30人くらいで騒々しくにぎやかな休憩になります。
私はコーヒーは朝カフェオレボールにいっぱい飲んだら日中はもう飲まないので、
会社でのコーヒータイムにはみんなと一緒の休憩には降りるけれど
飲むのはいつもお茶・・・というかハーブティーとかルイボスティー。
引き出しの中にいろんな種類を常時ストックしていたので、お茶好きな人と思われていたようです。
La Thé Box、私の感覚ではけっこういいお値段のもので
自分ではなかなか手がでなかっただろうので、
こういう機会にプレゼントでもらってとっても嬉しい。
しかも家でお茶を飲む時間いっぱいあるし・・・ははは。
あと5回も届く!
次のボックスも楽しみです!




[PR]
# by tchiguma | 2017-02-02 20:21 | フランスで会社員 | Comments(2)

パリはやっぱり楽しかった 

b0134961_06071586.jpg
ひたすら寒がる中学生といつだって元気いっぱいの5歳の図。パレ・ロワイヤルにて。


水曜日に日帰りでパリへいってまいりました。
子どもたちの日本のパスポートを作るため、在仏日本大使館まで。
朝申請して同じ日の夕方までにパスポートを作ってくれるサービスは、地方在住者には本当に便利です。
が、やっぱりこれだけのためにわざわざパリというのはどう考えてももったいなすぎるので
一年に一度のナントの領事サービスの日にパスポートを作っておかなかったことを猛省。
今回作ったパスポートの期限が切れる5年後には
パリまで行かずに済む一日領事サービスを是が非でも利用しようと思います。。。

b0134961_06072125.jpg
どこでも駆け足。パリでも駆け足。


いやいやしかしたまに来るパリは楽しい。楽しすぎる。
氷点下でも!
大気汚染警報がでていても!
破れても小袖、ならぬパリ。
テロの影響か、びっくりするほど日本人は見かけなかったけど。
ナントにはお店のない(代理店すらない)Brontibay でお財布を購入し(フランスはただいま冬のセール終盤!)、
オペラの日本人街でラーメンと餃子を食し、
Sちゃんと別れたあとは パリ科学博物館(Palais de la découverte)へ。

b0134961_06072934.jpg

ここが大正解!
次男にはちょっと早かった感じですが、長男的には超ストライクだったらしく、
16hに再び出来上がったパスポートを取りに行くまで
この博物館でたのしく過ごしました。
展示内容や毎日すごい数提供されている実験アトリエもさることながら、
建物的にはグラン・パレの一部にあたるこの博物館は、建築そのものも見もの!
内部は工事中でしたがそれでもほえ~とため息つきながら25000平米の広い館内をまわりました。
やっぱりパリはすごいなー(←結局いつもこの結論)。
アトリエも盛りだくさんなのでパリに住んでたら間違いなく年間パス買ってそう。

子ども連れでなければもっとほかの美術館にいったり(ルーブルでフェルメール展やってた・・・)
セール中だしショッピングに繰り出したかったところですが、
週の真ん中にこんなしんどい日帰り旅行をさせてしまうことが心苦しい親心としては
パリのど真ん中にもかかわらず観光客ゼロで人の少ないこういうところのほうが
子どもたちの次の日の疲れを考えると賢明な選択だったと思っています。
しかしパリの魅力がちゃんと伝わったかは不明。

次の日の会話・・・
母「きのうパリで何が一番よかった?」
次男「メトロ!」
長男「ぎょうざ」

小袖がっかり。


[PR]
# by tchiguma | 2017-01-27 23:02 |  ◎パリ | Comments(0)

体温あげてパリを目指す


b0134961_19573408.jpg

日本も大寒波らしいですけど、こちらも負けてはおりません。
ナントの今朝の気温マイナス6度。
あさ次男を学校に送っていくとき、ちゃんと手袋してるのに指先がちぎれそうでした。
なのに次男は手袋を嫌がってスキあらば外そうとするから、
休み時間はちゃんとダウンの前しめてね?
帽子もかぶってマフラーも巻いて手袋もするのよ?わかった?
って毎日言わないといけません。
というのもフランスの学校、休み時間に教室の中にいることはできなくて、
雨の日でも寒い日でも、休み時間は校庭ですごします。
日本だったらこの季節、休み時間の子どもたちは教室でぐるりとストーブを囲んでたりすると思うんですけど・・・
しかしナントではなかなかないこの寒さ。
さすがにお昼の長い休み時間(食堂で給食食べる時間も含めると2時間)は
例外的にマルチアクティビティの部屋を解放してくれているようです。
たしかに氷点下のなかずっと外にいろとか非人道的ですもんね。
いくら体温高いフランス人とはいえ。

体温たかいといえば昨日の夕方次男をお迎えに行ったとき、
Tシャツ一枚のお父さんがいました。
目が点になるとはまさにこのことか。
視界には彼のTシャツの青しかうつらなくなるほどびっくりしました。
このお父さんが迎えに来ていた子どもは防寒対策ばっちりの服装(ていうかそれでふつう)だったので安心しましたが
しかし氷点下でTシャツって・・・
暖房なしでも俺オーケー、なんですよね、もちろん?
エコの極みかもしれない。
こういう方向でエコロジーを考えるのも新しいかも。
みんなで体温あげていこーぜー、っていう。
二重ガラスの窓を施工するとき政府が税金控除してくれるみたいに、
体温をあげてくれる食べ物には公的機関が援助してくれたらいい。
この時期ショウガは自治体が無料配布、とか。

この寒さは当分つづく模様。
来週子ども二人連れて日帰りでパリへ行かにゃならんのですけどねー、こどもの日本のパスポート作りに。
天気予報見たらマイナス4度~最高でも4度ということになっていてがっくり。
大雨よりマシか・・・
最悪の場合、ずっと室内で過ごすとか、映画見に行くとか・・・でしのぐしかないか。
せっかくのパリなのに・・・
3人分高いお金払ってTGV乗っていくのに・・・
なぜめったにないパリ行はいつも寒さに泣かされるのか・・・(前回も寒かった
我ら親子のために今回もお仕事お休みとってつきあってくれるSちゃんに会えるのだけを楽しみしておこう。
あとは食べもの。
今回のパリ行きもファラフェルかうどんかラーメンか、悩みはつきません。
餃子が大好きな長男のためにラーメンにしとくかな。

とりあえずパリでポカポカ過ごせるように今からショウガシロップでも仕込むことにします。



[PR]
# by tchiguma | 2017-01-20 20:54 | 日々あれこれ | Comments(0)

うれしくない流行りもの、胃腸炎。

b0134961_04573614.jpg

年越しパーティー(などというたいそうなもんではなかったが)にきてくれたお友達が
「これすごくおいしいんだー」と手土産にくれたチョコレートキャラメル。
裏面にお店のスペシャリティのお菓子が書いてあるレトロなパッケージもかわいいし、
中のキャラメルも昔ながらの手作りの味という感じでとてもよいです。

平日ひとりで家にいるなんて落ち着かない、なんて書いているそばから
次男がウイルス性の胃腸炎にかかり、今週の幕開けはがっつり介抱の日々でした。
フランスで「ガストロ」とちぢめて呼ばれるところのウイルス性胃腸炎、
毎年この季節に大流行して、次男はそういえばおととしも1月はじめに患ったような。
今回のは特に嘔吐がひどく、あまりにも収まる気配がないので
SOSメドゥサンという24時間体制でやっている医療センターに電話して夜中に来てもらいました。
午前0時の往診。
経口補水液をスプーン一杯ずつ与えているけど
あげた分よりもどんどん吐いてしまうので脱水を心配している、
と来てくれた女医さんに説明すると、
経口補水液と同時に棒つきのキャンディーを与えるようにとの指示。
なんでも嘔吐を繰り返すうちにケトン体がでてさらに嘔吐に拍車がかかり脱水がすすむ・・・
そして脱水症状がすすめばすすむほどさらに水分を受け付けなくなる・・・
という悪循環をふせぐために糖分がいるんだそう。ほうほう。
しかしOMG(長男風)、我が家には飴とかボンボンとかいう類のものはふだんから一切おいていない。
はっ!例のチョコレートキャラメルがあった!
と思い出し、よかったーと思いつつ次男に与えてみたら、
「・・・おいしくない(吐き出す。ペッ)」
病気の5歳には味が高級すぎたようだ。
ああ、これが0,10ユーロのキャランバーであったなら・・・!
それでも嘔吐を繰り返すなら救急病棟へ行って点滴を打ってもらわないといけない
と言い残してSOSメドゥサンの医者は去って行ったものの、
なんというタイミング、我が家のくるまは数日前から故障中である。
そして20~30分おきに吐き続けるわが子。
こういうときは本当に焦ります!
こんな状態の子どもを連れてタクシーにも乗れないしとおもって
思い切って救急車の番号を押し状況を説明して救急病棟に連れていってほしいというと却下されるし。
救急病棟に行っても5時間も6時間も待たされて子どもも疲れるだけだから家にいろと。
久しぶりにフランスを憎みました。
というか私がフランスが嫌いになる瞬間はだいたい医療がらみ。
ほかのいろいろは大した問題ではない、と思っている。
嘔吐は午前3時ごろにようやく収まりました。ふぅ。一安心。
しばらく胃が空っぽだったのでいまもまだ食べさせるものには気を遣っています。
学校へまた通えるようになっても給食にもいかせられないし、
家でお昼と食べるとなると学校と家を一日4往復。
一日がこま切れで、ほかに何もできません。
なんか今週はひとりの時間なんか全然なかったわ・・・
みなさんも流行りの胃腸炎にはくれぐれもご注意を!



[PR]
# by tchiguma | 2017-01-13 23:39 | フランスで育児 | Comments(2)

ガレット・デ・ロワ 2017

夕方次男を学校へお迎えに行った足で一緒にパン屋へ寄ってガレットデロワを。
なぜなら今日はエピファニー。
ガレッドデロワについては以前書いたこの投稿この投稿を参照されたし。
今日のガレットデロワの中身は、次男が選んで洋ナシ+チョコクリーム。
お母さんはふつうのフランジパンがよかったんだが。

b0134961_04340997.jpg

ご近所のパン屋Bのガレットは今年もかなり見た目が素朴。
こんな模様付けなら私にだってできそうだ・・・
ちょっと焼きすぎだったかな。
しっとり感が足りなかった。
隣に並んでいたガレットのほうが焼き色が軽かったのでそっちにすればよかった。
ちなみにフランスのパン屋では、「バゲットください、あんまり焦げてないやつ」などと
好みの焼き加減でパンを注文する人も多いです。

b0134961_04335512.jpg
写真を撮っていると牛乳も一緒に撮れと自分のコップを押し付けてくる人

今回のフェーブもダサかった。
市販のガレットデロワを食べて素敵なフェーブに出会えたことないんですが!?
今度は手作りのガレットデロワを次男と一緒に焼いてみる予定。
そのときはかんわいいフェーブをひとつと言わず入れるつもりです。kyotachanさんを倣って
昔フリマで買ったフェーブが山ほどあるんだー。




[PR]
# by tchiguma | 2017-01-07 05:01 | 日々あれこれ | Comments(0)