ちぐま日記 bis ~フランス・ナントより

tchiguma.exblog.jp

シーズン到来

b0134961_03314245.jpg
シーズン到来。
何のってもちろんバラの、です!
我が家の一番乗りをさっそく花瓶へうつしてみました。
一輪の花と等価の詩が書けたら、
といったのは谷川俊太郎でしたっけ。
たったこれだけの花を飾ってみるだけでこんなにうれしい。
一気にその場の空気がかわる。
まさに華やぐ。
眺めているだけで静かに満ち満ちる心。
花って楚々として偉大だな。
インターネットでは香りが漂わないのが残念です。



[PR]
# by tchiguma | 2017-04-23 04:41 | 庭・家庭菜園 | Comments(0)

オレロン島最北、シャシロン(Chassiron)の灯台 

b0134961_03481057.jpg

オレロン島の北の端に、シャシロンの灯台はあります。
春の牧歌的な緑の中に遠くからでも見える白黒のしましま。

b0134961_03484406.jpg

近くまで行くと、周りは灯台をぐるりと囲むように丸い公園になっていました。
「評価の高い公園らしいよ」と夫が言うんだけど
さりとて特別な魅力を感じることなく公園をあとにして、
224段のらせん階段をひたすらぐるぐる上ります。
閉所恐怖症にはつらい数分。ひぃ~

b0134961_03483662.jpg

風の強い、きもちよく晴れた日。
上りきった灯台の上から見るオレロン島と大西洋の景色は
東西南北どこをながめても絵画のようでした!

b0134961_03481747.jpg

上からの景色を見てわかりました。
灯台ふもとの公園は、上から見てこそのものだということを。
模様は現代的にもみえるけど、
オレロン島の色形を再現しているんじゃないかと思いました。

b0134961_03482226.jpg
b0134961_03482907.jpg

とってもいい気分で灯台を降りて海の見えるカフェでコーヒーを一杯。
そのあと岬のほうを散歩したらまたここが最高で。
夏ももちろんいいんだろうけど、春に来れてよかったなと思えるところでした。

b0134961_03490517.jpg

b0134961_03485897.jpg

b0134961_03485298.jpg
b0134961_04411793.jpg






[PR]
# by tchiguma | 2017-04-21 04:47 | その他のフランスの町(旅行記) | Comments(0)

春のオレロン島は素晴らしかった

b0134961_03583363.jpg

3泊4日のオレロン島旅行から戻りました!
私だけでなく夫も初めてだったオレロン島、最高でした。
海と春の光と風と、色とりどりの花・・・
旅行記またアップします!

オレロン島はここです。


b0134961_04113022.jpg


[PR]
# by tchiguma | 2017-04-16 04:14 | その他のフランスの町(旅行記) | Comments(0)

長男のスペイン土産

b0134961_04004762.jpg

先週の金曜日、長男が無事スペインでの語学旅行から戻りました。
木曜日の夜10時過ぎに夜行バスでバルセロナを出て
(最終日にバレンシアからバルセロナへ移動して一日観光していた)
翌金曜日の昼前にナントに着く予定だったのが、
道中バスが故障するというアクシデントが。
結局バルセロナを出てから24時間近くかかって金曜の夜9時に家に帰ってきました。
夜中にバスの修理を待たされている子どもたちを想像するだけで
胸がいたかったけど、事故とかでなかったのが幸いです!

で、もらったお土産がこれ。
「日本っぽいペンを見つけたからママにはこれ!」と。
バレンシア土産がこけしボールペン・・・
あのさ、お土産ってさ・・・という言いたい気持ちをぐっとこらえる。
嬉しいけどさ。かわいいしね。
後ろは侍ごっこをする兄弟。
兄は下駄をはき、弟ははっぴを着ています。
お祭りかい。

フランスは今週からまた2週間の休みに入っています。
長男の疲れもとれたようだし、明日からオレロン島へいってきまーす。




[PR]
# by tchiguma | 2017-04-12 04:18 | フランスで育児 | Comments(0)

口笛を吹こう今は4月

b0134961_03252405.jpg

毎日次男と、学校のあとに公園へ寄って帰ります。
子どもたちは出会って数秒ですぐに友達になれる。
でもこの日できた友達の名前は長すぎて覚えられなかったらしい。
また公園で会えたらいいね。
あしたは学校が昼までなので、
サンドイッチを作って学校へお迎えに行って、
お昼ご飯は公園でピクニックの約束。
朝起きた瞬間から夜ベッドに倒れこむまで走り回っていた
仕事を辞めるまでの日々が思い出せないくらい穏やかな毎日です。

口笛を吹こう今は4月、はちなみに
小沢健二の「夢が夢なら」という歌の中の一節で、
こう続きます。

「口笛を吹こう今は4月
 市場を通り目を閉じてみる
 掠める気持ちはツバメのように
 4月の空はダイヤモンド」





[PR]
# by tchiguma | 2017-04-05 05:10 | 日々あれこれ | Comments(0)