ちぐま日記 bis ~フランス・ナントより

tchiguma.exblog.jp

シュノンソー城 - ロワール川の古城をめぐる週末 その1


トゥーサンの休みを利用して、ロワール川の古城めぐりをしてきました。
シュノンソー城、アンボワーズ城、それからアゼ・ル・リドー城。
めぐりっていっても3か所だけ、しかも2泊3日してやっと3か所という驚くべきのんびり紀行。
次男も大きくなったし(昨日で5歳!)と思って出かけたけど
その肝心な次男くんが運悪く風邪をひいてて城めぐりはだいぶしんどかった模様。
それぞれのお城がけっこう広いし、階段上ったり下りたりも多いしね。


b0134961_04392608.jpg

一番に訪れたシュノンソー城。
歴代の女城主によって増築を繰り返されたこのお城は「貴婦人たちの城」とも呼ばれ
なるほど随所に女性的な優雅さのあふれるとてもきれいなお城でした。
上の写真のギャラリーは、昔の貴族の舞踏会などに使われたそう。
おとぎ話のような世界が本当にあったんだなー。
だけど現実の舞踏会会場はけっこう狭かったようだ。
時代は下って第二次大戦中には、同じギャラリーがけが人を収容する軍用病棟としても活躍したそうです。
ギャラリーがあるのはお城がシェール川(ロワール川ではありません)にかかる橋部分の一階。


b0134961_04401284.jpg

お城は田舎の広大な敷地内にあって、敷地の入り口からお城へと向かうこの並木道がまた味わい深い。
パカパッ、パカパッという馬車をひく馬の蹄の音が聞こえてきそうな。


b0134961_04393529.jpg

並木道の先に、朝もやの中あらわれるシュノンソー城。
美しいです。
写真を撮っているのは長男。
ヴェルサイユ宮殿に次いでフランスで二番目に観光客の多いお城なのに誰もいない。
こういうところは朝一で行くのがお勧めです。
めっちゃ寒かったけど。

b0134961_04451925.jpg

入り口。
ベビーカー連れの人や車いすの人には大変そう。

b0134961_04142926.jpg
ルイ14世と俺たち。

b0134961_04452648.jpg

昔の貴族のベッドはいまのものよりも心もちちんまりとしている。
それぞれの部屋がそれぞれに個性的で、
上のルイ14世の部屋のような真っ赤な壁紙の部屋もあれば、
壁一面、墨黒で薄暗い部屋もあり。
しかしどこも自分たちのイニシャルを施した紋章があらゆるところにあしらわれていて、
この時代のフランス人貴族のオレオレ感ったらものすごい。

b0134961_04141997.jpg
b0134961_04363673.jpg

あらゆる時代の人たちに踏みしめられて消えかかったタイル。
過ぎていった時間とか、過去にそこにいた人たちの気配とか、
きれいな展示物よりもこういうところに一番なまなましく感じられますね。

b0134961_04394513.jpg
台所の一部。
銅製の、いろんな形のケーキ型!
これどういう時代のものかな。

b0134961_04161353.jpg
b0134961_04395462.jpg

あと印象的だったのが、すべての部屋にきれいに生けられたお花。
部屋の大きさに合わせて大小さまざまなアレンジメントがところかしこにあって、
「花代だけでも一大予算だな」とついついつぶやいたら(職業病)、「絶対ぜんぶ庭の花だよ」と夫。
実際、夫の思った通りで、敷地の中に大きな花畑や、養蜂、ヤギやロバなどの放牧コーナーがありました。

b0134961_23000943.jpg
b0134961_23000048.jpg

きれいに管理されたフランス式庭園が川の上に(花畑や菜園はまた別)。
こちらはカトリーヌの庭。
川岸は嫌なの、川の上に浮かぶように作ってほしいのよ。
と言ったのであろう女王カトリーヌ・ド・メディシスを想像する。
城を挟んだ反対側にはディアーヌ・ド・ポワティエの庭が。
ディアーヌ・ド・ポワティエは夏でも冬でも毎日欠かさずシェール川で泳いだんだそうな!
アンリ2世をめぐって、そしてこのシュノンソー城をめぐって争い続けた女ふたり。
ちゃんと歴史勉強してから行ったらもっと面白かっただろうになー。



b0134961_04395953.jpg
イタリアからアンリ2世へ嫁いできたカトリーヌ・ド・メディシスの命で作られたという迷路。
いまあるものは復元されたものらしいけど。
薄い霧のでたとにかく寒い朝でしたが、おかげでなかなか風情がありました。

シュノンソー城は15年前に一度、当時アパートをシェアしていた友達と一緒に来たことがあるけど、
2度目でもとても楽しめました、こんなに寒くても(もういい?)。
いつかちゃんとフランス中世史を勉強してからもう一度来たい。


b0134961_04453692.jpg





[PR]
by tchiguma | 2016-11-04 05:21 |  ◎ロワールの古城 | Comments(0)