ちぐま日記 bis ~フランス・ナントより

tchiguma.exblog.jp

カテゴリ:ナントのお店( 28 )

朝のラ・シガール

今日は授業のなかった長男と二人でおでかけ。
図書館行って、久しぶりにラ・シガルでお茶。


b0134961_03562887.jpg

自家製アイスミントティーというのがメニューにあったので頼んでみたら
ぜんぜんおいしくなかった・・・
というかお茶の味がまったくしなかった・・・
まっ、ラ・シガルは空間目的なのでだいじょうぶ。


b0134961_03563749.jpg

シガールというのはフランス語でセミという意味。
テーブルや、店内のいろんなところにセミモチーフがあるのが見えますか?
セミのシンボルは、寓話「アリとセミ」から来ています。
日本で知られている形では「アリとキリギリス」になっているけど、
働き者のアリに対して年中優雅に歌って遊んでばかりいるのはフランスではセミなのです。
長男が「近くに姉妹店でアリっていう店は出さないのかな?」ってお店でポツリと言ったんだけど、
どんなコンセプトの店、それ・・・?
めっちゃあくせくきちきちしてそうだよ。
平日なのに学校のないあなたと家でぼーっとしている私が
午前中にこうやってのんびり来ているシチュエーションは間違いなくセミですよ。
謳歌してるよね、6月の朝をさ。
あとでしっぺ返しが来ませんように。


b0134961_03575934.jpg

平日の午前11時半。
もう正午近いのに中心街はまだ目覚めたばかりといったようすでした。

b0134961_03564623.jpg



[PR]
by tchiguma | 2017-06-08 04:38 | ナントのお店 | Comments(0)

本屋カフェ Les Bien-aimés (レ・ビアン・エメ)でグルテンフリーのおやつタイム

b0134961_4265443.jpg


このあいだの土曜日、長男とふたりで中心街でショッピング。
長男、ああ見えて雑貨屋がだいすきなので、パパ抜きのこういう機会に
ふたりで思いぞんぶん雑貨屋とかキッチンツールのお店とかをいろいろのぞいて。
歩き回って疲れたあとの休憩に、Les Bien-aimés (レ・ビアン・エメ) へ行きました。
本屋のなかでお茶もできるところで、ずっと来てみたかったんだけど
夫といっしょのときにはいつも却下されつづけていたので
彼奴のいなかったこの日、あ、あそこ行こ!とひらめいたのです。

b0134961_4265963.jpg


手作り風のケーキやクッキーがいろいろあって、
グルテンフリーと明記されたのも複数あってうれしい驚き。
実は数週間前から夫がグルテンフリーを実施していて、
もう外食もなかなかできないよねーと話していたところ。
だってフランスでの子ども連れの外食ってどうしてもピザ屋とかクレープ屋が多くなるし、どっちも思いっきり粉ものだし。
壁に貼られたメニューをみると、ランチメニューにもグルテンフリーが意識されている。
お店のひとにきいたら、グルテンフリーの料理やお菓子を常に用意しているとのこと。
この日は長男はミント水にチョコチップクッキー、私はペリエにブラウニー(グルテンフリー)。
本に囲まれて、ページをぱらぱらめくりながらお茶が飲めるなんて最高じゃないですか?
息子が売り物の本を汚さないかが気になって心底のんびりはできなかったけど。
外からお店の中が見えにくいので「本屋でカフェって・・・?」と今まで想像つかなくて
ともすれば入りにくいイメージだったけどこれからは夫も連れてしげく来よう。
彼奴が難色示せばこの印籠をみせればよかろう。
「グルテンフリー」
これが目に入らぬか。
ちなみに私はふつうにグルテン摂取してますけどね。
夫は数日ですごい体調がよくなったらしいです。
プラセボでもなんでも、本人がそう思うならよいことです。

そしてLes Bien-aimésのお店自体は、造り付けの棚や照明がすてきなとてもオシャレなお店でしたが、
かっこうだけ素敵なナンチャッテなお店じゃなくて、ちゃんとした本屋さんでした。
私たちがおやつしている間に、お父さんへのプレゼントをさがしている女性がきて
お店の人におすすめなどを聞いていましたが、
アドバイスもプロフェッショナルで、本屋さんとして信頼できる感じでした。

Les Bien-aimés
2 Rue de la Paix
tél. 02 85 37 36 01
http://www.les-bien-aimes.fr/


[PR]
by tchiguma | 2016-05-31 04:27 | ナントのお店 | Comments(0)

祝!「弁当さくら」オープン!※記事下に追記あり

b0134961_42223100.jpg


ナントにようやく、日本人による和食レストランがオープンしました!
桜の開花と同時にオープンしたお店はその名も「弁当さくら」。
日本で18年過ごして去年ナントに戻ってきた麻紀さんとフィリップさんによる、
イートインもお持ち帰りもできるお弁当屋さんです。
麻紀さんが「すいているので断然おすすめ!」という月曜日に
正真正銘の日本の味をお店で満喫してきました!

つづき
[PR]
by tchiguma | 2013-04-16 04:27 | ナントのお店 | Comments(8)

親子カフェ Le p'tit qu'a fait (ル・プティ・カ・フェ)

b0134961_4412054.jpg


今日のお昼はLe p'tit qu'a fait (ル・プティ・カ・フェ)という親子カフェで
友達と子連れランチしてまいりました。
Le p'tit qu'a fait (ル・プティ・カ・フェ)には以前に一度、
ベビーサインのアトリエに参加するために来たことがあって、
とてもかわいいカフェなので平常営業のときにも来たいなぁと思っていたお店でした。

つづき
[PR]
by tchiguma | 2013-04-12 04:54 | ナントのお店 | Comments(4)

サロン・ド・テ L'Atelier des délices (ラトリエ・デ・デリス)

b0134961_774110.jpg


きのうは次男のお昼寝中、ひとりでのんびり中心街を散歩してきました。
鬼のいぬ間に・・・ならぬ、赤子が寝る間に命の洗濯ですよ。
だんなさま、昼寝中とはいえベビーの面倒(?)をみてくれてありがとう。
まあ、おっさんのほうも昼寝してたようですが。
ほんの2時間弱の一人時間が、なんと効果絶大の気晴らしになることか!
終わりかけのセールをのぞいたり、
ベビーカーと一緒ではなかなか入れない小さな雑貨ブティックを心置きなくぶらぶらしたり、
身ーがーるぅーーーー!
そしてラトリエ・デ・デリスでコーヒーを。

つづき
[PR]
by tchiguma | 2013-02-09 07:11 | ナントのお店 | Comments(4)

元裁判所!4つ星ホテルのバーラウンジ Le Preambule(ル・プレアンビュル) 

b0134961_2285864.jpg


昨年末、ナントに新しく4つ星ホテルができました。
ナント初の4つ星ホテルなんだそうです。
このホテルになった建物、なんともともとは1851年建設の裁判所!
現在の裁判所はナント島にあるあのジャン・ヌーヴェル設計の黒い裁判所ですが、
2000年にいまの裁判所に移転するまで使われていた場所です。
裁判所の移転後、なにに転用されるのかなとみんなが思っていたところに
4つ星ホテルに生まれ変わります!という発表があったのがかなり前。
さらにえらい長いこと工事がつづいて、昨年11月にグランドオープン。
19世紀の建物にコンテンポラリーの要素を融合させた高級ホテル、ということで
一度いってみたかったのです。
もちろん平民には泊まれるわけないのでロビーでコーヒーでも飲みたいなと。
日本からやってきた両親と一緒にいってきました。

More
[PR]
by tchiguma | 2013-01-17 20:03 | ナントのお店 | Comments(4)

Vincent Guerlais (ヴァンサン・ゲルレ)のビスケット型プラリネ

b0134961_5531238.jpg


クリスマス目前。
家族の会食マラソンの季節ですが、
プレゼントにかんしては、今年は「大人同士のプレゼント交換はなしにしよう」ということになり
プレゼント探しに翻弄しなくてすんだ分、かなり楽ちんなクリスマス準備。
まぁ、ほんとうになんにもない、というのも寂しいかなと思い、チョコレートを買うことに。
チョコレートしかないんだからいいもの用意しないとね、とVincent Guerlaisへゴー!

つづき
[PR]
by tchiguma | 2012-12-23 01:21 | ナントのお店 | Comments(0)

Kami-art さんのところでピアスを購入

b0134961_22412331.jpg


本日の日曜日はボジョワールでやっていたArt to Playというイベントへ行ってきました。
アニメやマンガやビデオゲームや「ポップカルチャー」のサロン、ということですが、
そういうものに全く興味のない人間には、
日本好きのオタクの祭典、といった雰囲気のイベントでした(口が悪くてすみません)。
マンガが好きな長男のためにやってきたんですが、
僕のほかにもマンガが好きな人がこんなにいるんだね!と興奮しておりました。
いるよー、いるとも、息子よ。まだまだいるよ、世界には。

イベント自体の写真はまたの機会にゆずるとして・・・。
長男と夫には好きに行動してもらって、私がまずは直行したのは
同イベントでブースをだしていたKami-art さんのところ。

More
[PR]
by tchiguma | 2012-11-26 05:28 | ナントのお店 | Comments(2)

今年度版がでました!ナントのレストランガイド

b0134961_5502274.jpg
写真はSt Mihiel 橋横。記事とは全く関係ありません。今日目医者帰りに通っただけです。


ナント観光局が去年より発行しているレストランガイド 『Les Tables de Nantes』に
先日あたらしく2013年度版がお目見えしました。

サイトもとても見やすくできていて、
PDF版とともに読めば読むほどヨダレが止まらない危険な一冊。
ナントの各種レストランガイドでは常連のお店から新しいお店まで。
地区別になっているのが(せまいナントといえど)ありがたい。
ナントでのレストラン探しにぜひご活用ください。
サイト http://www.lestablesdenantes.fr/
PDF http://www.lestablesdenantes.fr/PDF/les_tables_de_nantes_2013.pdf

これを読んで、私の次の外食先はLulu Rouget に決定です!
ここのシェフ、Atlantide(ナントで一番とされるお店。ミシュランで1つ星)で
デザート係含めすべての役職を担当し、
デザートの分野においてはかのVincent Guerlaisに師事したんだそうな。
さらに3つ星レストランでのスー・シェフを経て
今年ナントにひらいたお店がこのLulu Rougetなんだとか。
ぜったいおいしいに違いなーい!行きたい!行きたい!
その日がきたらVincent Guerlais仕込みのデザートまでちゃんと堪能できるように
しっかりおなかすかせて行かなくては!
[PR]
by tchiguma | 2012-10-30 06:21 | ナントのお店 | Comments(0)

レストラン L'Abélia (ラベリア) 10年を祝って

b0134961_1203322.jpg
これは2010年7月に両親と3人でランチへ行ったときの写真


2ヶ月ほど前の話なんですが・・・

出会って10年という記念日を夫とふたりでお祝いしてきました。
こういう機会ででもないと一緒に行ってくれなさそうなシックなレストランで晩ごはんを。
L'Abélia (ラベリア)というお店です。

つづき
[PR]
by tchiguma | 2012-06-15 01:30 | ナントのお店 | Comments(10)