ちぐま日記 bis ~フランス・ナントより

tchiguma.exblog.jp

カテゴリ:ナントの観光スポット( 24 )

6年の工事を経て再オープン!ナントの新装美術館 Musée d'arts de Nantes

8月の思い出。

b0134961_04373524.jpg

長きにわたって改装工事を行っていたナントの美術館が、
今年の6月末に、ようやくようやく、再オープンしました。
工事開始当時に告知されていた工事期間は2年間。
それがどんどんのびて6年も閉まってた。
心機一転名前も変えて (Musée des Beaux-Arts de Nantes から Musée d'arts de Nantesへ)
再オープンの広告を華々しく他都市でもうつなど、
美術館再オープンは今年の夏のナントの鳴り物入りのイベントでした。
再オープン直後は訪れる人が多すぎて長蛇の列・・・と聞いていたので
8月の終わりの平日の朝に行ってみました。

b0134961_04374252.jpg


6年間も閉まっていた恨みつらみはさておき、
久しぶりに訪れた美術館は、やはりいいところでした。
見ごたえのある部屋がたくさんあって、
ゆっくり見て回るには午前2時間じゃ全然足りない。
写真にある企画展示の目玉、Susanna Fritscher のインスタレーションもとてもよかった。


b0134961_04373832.jpg

でもね、いいんですけどやっぱりね、
工事前とあんまり変わっていなくてそこはびっくりしました。
6年間なにしてたの・・・?と思っていたら
夫も同じことを思ったらしく「変わってないね・・・」とぼそり。

大きな違いといえば、キューブ状の新しい建物ができたことと、
近くにある礼拝堂(Chapelle de l'Oratoire)と連結されたこと。
下の図の真ん中の黒い点が礼拝堂で右端にある大きな四角が美術館。
礼拝堂はもともといろんな美術展が行われていた場所なんですが、
双方のあいだに内部通路をつくってつなげてしまったわけです。
この施工がだいぶ難しかったらしく(改装にかかわっていたご近所さん談)、
予定よりも工事期間が3倍にものびてしまったのはそのせいではないかと。


b0134961_16175322.png


そんなわけで、6年間ものおあずけ状態を回収すべく、
我が家は年間パスを買いました!
といっても、普通の入場券が8ユーロ、
それに対して年間パスはたったの10ユーロなので、
ナントにお住いの人なら年間パスが絶対お得です。
18歳以下が無料なのも最高(ただし大人同伴のこと)。
さらに、美術館内のレストランも同時に生まれ変わって、
エリック・ゲラン(ミシュランの星付きシェフ)プロデュースになったそうな。
お料理の写真見ていてもおいしそうだし美しい!
近いうちに一度行ってみたいです。
美術館ブティックはあいかわらず地味でちょっとがっかり。


b0134961_04374708.jpg

ナントに観光に来る人たちもジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥールが見れなくて
ずいぶんがっかりしたと思いますが
次回にナントをおたずねの際は、美術館を訪れるのをお忘れなく。
やっと開いていますので!
美術館の裏手の道に面白い展示(?)もあるので
そのときはぜひ建物をぐるりとしてみてくださいね。



ナント美術館のサイト
https://museedartsdenantes.nantesmetropole.fr/home.html




[PR]
by tchiguma | 2017-09-28 17:00 | ナントの観光スポット | Comments(0)

水面に映る春 -ナント城横の水面鏡

b0134961_22482974.jpg


朝・夕はまだまだ冷えますが、日中の陽射しはかなり春のそれらしくなってきたナントです。
今ナントでは、木蓮、水仙、ミモザなどがとてもきれい。
今日の日曜日は気持ちのいい陽が差すので夫と次男と自転車にまたがり、ナント城のほうへ。
ナントもますます様変わりを続けていて、フェドー界隈も大きな工事の続いているところのひとつ。
そして去年の9月にお城の横にできたのがこれ、水面鏡(miroir d'eau)。

b0134961_22484011.jpg


1300平米のひし形チェック模様の水面に、お隣のナント城と空がくっきり映し出されます。
そしてふつうの池と大きく違うのは、水位がたった2㎝しかないということ。
だから水面上を子どもたちがローラーブレードやキックスケーターで走っては喜んでいます。
あと、ばちゃばちゃと水に入っていってズボンのすそがびしょ濡れになってる赤ちゃんとかね。
それを追いかける親のズボンと靴ももれなくびしょびしょになっている光景をみかけます。
ときどき噴水も。

b0134961_2249236.jpg


ナント城の横にこういう広々としたスペースを確保するためには
ここに通っていた道路を移動させたりと近年大がかりな工事が続いたのですが、
シンプルでかつ大胆な空間使いの1300平米の水面は、
その甲斐あったと思わせるかなり素晴らしい効果をあげていると私は思います。
はじめて見たときは車で横をとおりかかっただけなんだけど
一瞬見ただけで「わー!なんじゃありゃー!」と思ったもんね。

b0134961_22492291.jpg


しかもナントが水の都であったという過去を踏まえているだろうことは明快で、
特にこの辺りはもともとロワール川が流れていたところ。
そこにまたこういう形で水をもどしてきたというのが、うまいなぁと。

あと、この近くに、同じ公園開発プロジェクトの一環だと思われる、
日本人建築家丸山欣也さんによるドラゴンの遊具のある公園がまた最高なので
後日アップしたいと思っています!

b0134961_22501440.jpg

[PR]
by tchiguma | 2016-03-06 22:53 | ナントの観光スポット | Comments(0)

おとんが来たのでナント島

またまたおとんがナントへやってきたのでマシーン・ド・リルの象に乗りに。
ナント島に象ができて早5年。乗ったん初めてですわ。

月曜日の朝イチで。
象に乗る直前。子供らわくわく。
b0134961_454975.jpg


b0134961_4535061.jpg


b0134961_454541.jpg

b0134961_4535586.jpg


b0134961_454054.jpg

b0134961_4534369.jpg

b0134961_4533946.jpg

b0134961_4533435.jpg

b0134961_4542095.jpg


高さ8メートルの象の背中からはふだんと違う眺めが楽しめます。

しかし、ね。
肝心の象は全然見えないという、ね。当たり前だけど。
降りてからのほうがよく見えた。

b0134961_4541539.jpg


象のあとはCantine du voyageではやめのランチ。
ていうか今年は期間中お昼も夜も毎日同じメニュー!?
でてくるものがかなりしょぼいので今年はあまりお勧めできません。
特にフランスでおいしいもの食べたいと考えている旅行者の方には。
場所自体はとても気持ちがいいところなのでカフェ・バー使いするのが賢いようです。
[PR]
by tchiguma | 2015-07-14 05:10 | ナントの観光スポット | Comments(4)

Le Nid (ル・二) 「巣」という名の展望台カフェ!

b0134961_22281490.jpg


ナントで一番高い建物といえば la Tour de Bretagne(ブルターニュタワー)。
愛想のない近代的な風貌とその高さが、周囲の外観を損なっている、
とナント市民に長らく嫌われている建物です。
街では群をぬいた高さを誇るくせに、長らく一般にはアクセス不可
(昔、上階からの投身自殺が多くあったんだそうな)、
家賃が高いためにテナントの入居も少なく、オフィスビルとしてもガラガラ・・・
しかしそんなブルターニュタワーの存在意義へのハテナマークも今は昔。
この夏、最上階である32階にLe Nid (=巣)という名の展望台カフェがオープンしました。
8月の午後に行ったときには、下の広場を横切るほどの長蛇の列!
めげずに並んでみたもののじんわりとも進まないのでその日はあきらめて、
11月最初の日曜日の今日、はじめて足を運んでみました。
朝10時のオープンと同時に行ったら一番めのグループのエレベーターに乗れました!
ガラガラ!やっほーい。

続き
[PR]
by tchiguma | 2012-11-04 23:09 | ナントの観光スポット | Comments(2)

マシーン・ド・リル(Machines de l'île)への行きかた

b0134961_20335884.jpg


いやはや、恐るべし『世界・ふしぎ発見!』効果!
土曜の夜、番組内でナントのマシーンが取りあげられたそうで、
このブログへのアクセス数もすごいことになっていました。
一瞬ぎょっとしました。

以前からメールなどでマシーン・ド・リル関連の質問をいただくことが多かったし、
これからマシーン・ド・リルを見にナントへお越しになる方に役立つような情報を載せておこうと思います!

マシン・ド・リルへの行きかた
[PR]
by tchiguma | 2012-10-21 20:52 | ナントの観光スポット | Comments(2)

ナントの新しい情報サイト NANTES MAG ナント・マグ

b0134961_21353128.jpg


ナント在のお友達のmademoiselle mさんが、
このたびナント市の新しい情報サイト「NANTES MAG ナント・マグ」を立ちあげました。
日本から旅行にこられる方にも、今ナントに住む方にも役立つナントの観光・イベント情報のほか、
ナント周辺の日本人同士の売ります・買いますなどのアノンスや生活便利情報などなど、
おおくの人に楽しい盛りだくさんの内容となっていくようです。
ただいまmademoiselle mさん怒涛の更新中!
そして大いに活用させていただきましょう!
私も売りたいものけっこうあるんだ。


NANTES MAG ナント・マグ

[PR]
by tchiguma | 2012-06-18 22:06 | ナントの観光スポット | Comments(0)

マシン・ド・リルのメリーゴーランド


昨日の日曜日の午後、象でもみに行くか!とナント島のマシン・ド・リルへ。
いつにない人出!
息子は象に乗りたがったけれど、チケット売り場に並んでいる人の列をみて親はあとずさり。
メリーゴーランドでお茶を濁してもらいました。
いや、でもこのメリーゴーランド、ほかのメリーゴーランドとはひと味もふた味も違います。
アートとメカの華麗な融合がヤン・ティルセン的世界のもとに繰り広げられている感じ?

b0134961_4361338.jpg


b0134961_4363438.jpg


b0134961_4364917.jpg

[PR]
by tchiguma | 2010-11-02 04:37 | ナントの観光スポット | Comments(0)

ラ・マシンの特集番組


b0134961_522845.jpg


先週の土曜日、NHKの衛星放送でラ・マシンについての特集番組があったそうですね。
お昼ごろ日本の両親に電話をしたら
「今ちょうどテレビでナントの象の特集みてる」というので驚きました。
しかも90分も!
みたかったな~。
どなたかごらんになった方がいたら感想を教えてください。


b0134961_56558.jpg


写真は先月のあたま、Mくんと一緒に象をみに行ったときのもの。
このときもカメラ機材をもったアジア人の二人ぼっちクルーがいたけれど。

ちなみにうちの両親は象体験者です。
ナント在の私は未。
寒い秋の日の平日で、待ち時間もなかったのでなんとなく乗った二人。
まさか45分もまわるとはつゆ知らず。
寒くて仕方がなかったそうです。


4月10日土曜日に再放送もあるみたいです。
ハイビジョン特集「“巨大”が町にやってくる~フランス 夢工房~」
BSハイビジョンで午前11時半から


地図、会館(?)時刻、料金などは下のページをご覧ください。(仏語)

http://www.lesmachines-nantes.fr/infos.html
[PR]
by tchiguma | 2010-04-06 05:25 | ナントの観光スポット | Comments(13)

ル・コルビュジエのユニテ・ダビタシオン La Maison Radieuse

b0134961_454472.jpg


Mくんと見学したコルビュジエのユニテ・ダビタシオン。
ナント市に隣接したまち、ルゼ市にあります。

実はこのユニテ・ダビタシオンを訪れるのは初めてではなくて、
5,6年前、当時ここに住んでいた友達の家に夕飯にお呼ばれしたことがあるので
中がだいたいどんな様子かは知っていたんだけど、
やっぱりガイドさんの説明を聞きながら見学するのはとってもおもしろい!

つづき
[PR]
by tchiguma | 2010-03-19 04:11 | ナントの観光スポット | Comments(4)

ナントはここです!

エキサイトブログに、地図機能というものが追加されたそうです。
現在は残念ながら、外国に関してはおおざっぱな地図しか表示できないみたいですが
これからはできるだけ「ナント周辺の町」の記事(あんまりないけど・・・)には
地図で場所を表示することにしまーす。

とりあえず今回は、
「長らくブログに付き合ってるけど、実際、ナントって・・・、どこ?」
と思っている(かも知れない)友達に・・・
ナントはここですのよ~。


[PR]
by tchiguma | 2009-03-10 00:04 | ナントの観光スポット | Comments(6)